上鳥羽北部いきいきおひさま発電所

京都市上鳥羽北部いきいき市民活動センター
〒601-8107 京都市南区上鳥羽南唐戸町62-2

設置日 2016年4月5日
発電能力 10.23kW(設置パネル62枚)
CIS薄膜系
予想発電量 約10,000kWh/年
総事業費 約554万円
寄附額 97件 546,000円
助成 パブリックリソース財団:8,500円

この発電所は、京都市太陽光発電屋根貸し制度を活用して設置しました。

設置施設紹介

京都市上鳥羽北部いきいき市民活動センターは開所から5年目を経過し、センターの事業の1つである貸館事業では、開所時の5倍を超える年間500件以上の利用を達成しています。また活性化事業では、「上鳥羽夏の夜市」、「クリスマスの集い」、「かるた大会」等を中心に活動しており、自主事業においても数多くの事業を展開しています。また、中唐戸児童館運営委員会(上鳥羽北部いきいき市民活動センター指定管理)は昭和54年10月設立以来、地域の子ども、保護者、住人と共に地域に根差した児童館運営を進め、平成23年からは上鳥羽北部いきいき市民活動センターの運営を地域住民とともに積極的に推進しています。

設置までの経緯


上鳥羽北部いきいき市民活動センターは、2015年度「上鳥羽夏の夜市」や「餅つき大会」でリユース食器の採用とごみの減量に取り組み、大幅なごみの減量を達成してきました。「クリスマスの集い」ではエコ教室を開催し、グリーンカーテン講習やクールシェアスポット、雨水タンクの設置などの環境に対する取り組みを積極的に推進してまいりました。また、近年の地球温暖化を起因とした異常気象による災害が多発する状況を目の当たりして、当センターに地域の防災拠点および避難所としての設備を整える必要性を痛感すると共に、環境保全の重要性を再認識いたしました。

当センターが、地域の皆様と共に「環境にやさしい上鳥羽」を目指すため、「京都市太陽光発電屋根貸し制度」に沿って当センター屋上に「太陽光発電所」を設置することになりました。

おひさま発電所を設置して

この度、地域の多くのみなさま、認定NPO法人きょうとグリーンファンド様のご協力を得て上鳥羽北部いきいき市民活動センターに「おひさま発電所」の設置を行うことができ、心より感謝しております。

子どもたちが自然エネルギーに興味を持ち、それを通して自然エネルギーに興味を、それを通して自然エネルギーの普及と環境活動を地域に広げるため、「京都市太陽光発電屋根貸し制度」を活用し、「上鳥羽北部いきいきおひさま発電所」を設置いたしました。

今後も、子どもたちや地域のみなさまの自然エネルギーや環境活動の学びの場として提供してまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

(中唐戸児童館運営委員会 委員長 前川 勝六)

今回の「上鳥羽北部いきいきおひさま発電所」の完成は、これまでのエコ活動を土台として、さらなるステップアップにつながるものと考えております。これを機に当センターがエコに関する情報発信の中心となり、さらに地域の防災拠点及び避難所としての役割が担えるよう努力してまいりますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

(京都市上鳥羽北部いきいき市民活動センター センター長 高橋 清司)

上鳥羽北部いきいきおひさま発電所完成報告パンフレット

10月の発電量

686

これまでの発電量

19,878